書評/映画評

「膝」の痛みがとれると長生きできる ~ 『ひざ痛が消える! 魔法の5秒体操』

51zL6sQWkpL

先日のブログで、
「100歳以上長生きする方法」をお伝えしました。

その最も重要なポイントは、
「運動する」ということです。

1日15分でいいので、毎日、歩く。

それが、寝たきりにならないコツであり、
いつまで歩きつづけることができれば、
いつまでも長生きいできるのです。

先日のブログで、
「認知症」にならない方法をお伝えしました。

1日15分でいいので、毎日、歩く。
たったのその程度の運動で、「認知症」のリスクを
2分の1~3分の1まで減らすことができるのです。

つまり、ザックリ言うと、
毎日歩くだけで、認知症を予防して、長生きすることができる
のです。

しかし、私の担当している高齢の患者さんに、
「毎日、歩いていますか?」
「毎日、散歩していますか?」
と質問すると、

半分くらいの患者さんは「していない」と言います。

「なぜ、散歩しないのですか?」と質問すると、
「膝が痛いから」
「腰が痛いから」
という答えが帰ってきます。

つまり、「膝痛」や「腰痛」のせいで、
歩きたくても歩けない。

結果として、
「運動不足」の大きな原因になっている、
と言えるのです。

逆に、「膝痛」や「腰痛」の人が減れば、
「認知症」も減って、病気になる人も減って、長生きする人が増える。
 
そんな、明るい未来が想像できます。

「膝痛」は、どうやって治すのだろう?
と思うでしょうが、
先日、読んだ
『ひざ痛が消える! 魔法の5秒体操』(中村弘志)
には、
「ひざ痛」の原因と治療法が、わかりやすく解説されていました。

ザックリまとめると、
「膝周りのストレッチ」と「膝のツボを押す」だけで、
「ひざ痛」が改善するとのこと。

「魔法の5秒体操」のタイトルの通り、
お年寄りでも簡単に取り組める体操が、
写真入りででわかりやすく解説されています。

また、「膝のツボを押す」と、肝機能がアップし、
身体のムクミもとれるから、「小顔」になるのだそうです。

この本には、小顔の「ビフォー&アフター」写真も出ていて、
その効果は絶大なようです。

まあ、私は最近、飲み会続きで、
間違いなく肝臓が疲れていると思うので、
この「膝のツボ」のマッサージをして、肝機能を高めようと思います(笑)。

ということで、「ひざ痛」で悩んでいる方。

あなたのご両親や、おじいちゃん、おばあちゃんに、
プレゼントするのもよいと思います。
 
『ひざ痛が消える! 魔法の5秒体操』
(中村弘志著、ベストセラーズ刊)
http://amzn.to/2szFNVD

51zL6sQWkpL._SX350_BO1,204,203,200_ (1)