書評/映画評

『対人関係のイライラは医学的に9割解消できる』

対人関係のイライラ

イライラすることは、誰にでもあると思います。

ただ、毎日、イライラがあるとすれば、
それは何とかした方がいいかもしれません。

イライラを何とかする。
つまり、イライラを解消するには、
その原因を明らかにして、原因に対処すればいいわけですが、
そんなイライラ解消に役立つのが、
『対人関係のイライラは医学的に9割解消できる』
(松村浩道著、マイナビ出版)です。

この本を読んでみて、読む前に想像していた内容とは
かなり異なった内容が書かれていて、驚かされました。

「対人関係のイライラは医学的に9割解消できる」
その対処法は「対人関係を改善する」ことで、
そのためのコミュニケーションスキルなどが
書かれているのかと思ったら、
そうしたアプローチはほとんどありません。
(若干は書かれていますが、ほんの少しです)

対人関係において、相手を変える。
あるいは、相手のとの関わり方を変えるアプローチは
この本では重要視されておらず、
ただ「自分が変わる」、
すなわち考え方(認知)を変えたり、
レリジエンス(困難を乗り越える力)を高めたり。
そういう方法が書かれています。

つまり、性格の悪い上司との対人関係で悩んでいる場合、
上司の性格を変える必要もなく、
上司との関係性を変える必要もなく、
部署や職場を変える必要もない。
それでも、「対人関係のイライラ」は解消できる。

これは、人間関係に悩んいでいる人にとっては、
大きな福音だと思います。

上司との人間関係に悩んでいる場合、
多くの人は配置換えを希望するか、
さもなくば会社を辞めるかの二者択一くらいしか
解決法が思い浮かばないわけですが、
この本では、今のままでも、解決可能という
第3の選択肢を示しています。

そして、その解決法は多岐にわたります。

あとこの本で興味深かったのは、
イライラの原因として
「食事」がかなり大きく取り上げられていることです。

GI値の高い食事。
ビタミンB群の不足。
ミネラル不足。
オメガ3不飽和脂肪酸の不足。
などが、イライラを引き起こす可能性が指摘されています。

イライラというのは、「精神的なストレスが原因」と
思いがちですが、こうした食事習慣も見直すことは、
大切だと思いました。

イライラに対する様々な解消法が提案されており、
それを組み合わせて行うことで、この本のタイトル通り、
イライラの9割を解消することは、全く可能でしょう。

イライラが多い人は、是非、読んで欲しいと思います。

『対人関係のイライラは医学的に9割解消できる』
(松村浩道著、マイナビ出版)

毎日配信中『精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ』
登録はコチラから