書評/映画評

スタンフォード式 最高の睡眠  〜 まさしく睡眠本の決定版

17021349_1391241204265694_6455925922163851390_n

ホームラン本出ました!!

『スタンフォード式 最高の睡眠』
(サンマーク出版、西野精治著)

まず、睡眠研究の世界最高峰、スタンフォード大学の精神科教授が
日本人であることに驚きます。

睡眠研究の世界最先端で30年も睡眠研究を続けでいる、
睡眠の専門家、西野精治先生、初の日本語の書籍が
この『スタンフォード式 最高の睡眠』です。

最新の研究を含めたエビデンス(医学的証拠)の数々。
そして、「最高の睡眠」を得るために「何をするべきか(ToDo)」が
具体的に解説されています。

睡眠について、「ここまで解明されている」
という最先端を読みものとして楽しみつつ、
最先端の医学情報に基づく「正しい睡眠法」を学べる。
一石二鳥の非常に満足度の高い一冊になっています。

私がおもしろい!と思った気づきをいくつかピックアップします。

# ショートスリーパーは、「時計遺伝子」に変異がある。
 その遺伝子を持たない人が、ショートスリーパーを目指すのは、全くの間違い。
 健康を害したり、パフォーマンスを低下したりと、デメリットが大きすぎる。

# 睡眠は、最初の90分が最も重要。最初の90分の睡眠が乱されると、
 その後の睡眠は計測不能なほどズタズタになる。

# 睡眠は、質か量か? 睡眠は「質」が重要であるが、
 最低でも6時間以上眠るのがベスト。

# 深部体温が下がると深い質のよい眠りが得られる。
 そのために一番いいのは、就寝90分前の入浴。

# 朝に覚醒度を上げないと、夜の深い睡眠は得られない。

# 朝の「裸足」。足裏からの冷たい刺激で、覚醒度が上がる!

などなど。

私も睡眠の情報はそうとう集めていますが、それでも知らない最新の論文などが、
多数紹介されいていて、読み応えバッチリです。

この本は、「現在、ぐっすり眠れない人」や「睡眠時間が、十分に得られない人」
が読むと目覚ましい効果が得られます。

しかし、一番、読んで欲しいのは、
「現在、ぐっすり眠っているけども、さらに睡眠の質を改善して、
 日中の仕事のパフォーマンスを圧倒的に高めたい人」
に特にお勧めします。

私自身もこのパターン。

「就寝90分前の入浴」「朝の裸足」など、今までやっていなかった、
睡眠によい生活習慣を今日から取り入れて、
さらにぐっすり眠り、毎日完全回復して、
今まで以上の仕事パフォーマンスを実現したいと思います。

『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版、西野精治著)
http://amzn.to/2lWmuEw