書評/映画評

言葉はギフト

言葉はギフト

誰もいないところであれば、
一人でどんな言葉を喋ろうと自由です。

しかし、「言葉」というのは、
コミュニケーションの手段ですから、
「話す」という場合は、だいたい相手がいるわけです。

「人と話すをする」ということは、
その相手と「時間を共有する」ということです。

その相手の貴重な時間を使って、
相手を不快にするようなネガティブな言葉を撒き散らす。

それで、相手はどう思うでしょうか?

相手は、黙っていますが、
内心「嫌なやつだな」「感じ悪いな」「一緒にいたくないな」
と思っているかもしれません。

あなたの「ネガティブな言葉」は、
間違いなく、あなたの「ネガティブなイメージ」を作り上げます。

そして、「ポジティブな言葉」は、
あなたの「ポジティブなイメージ」を作り上げて、
あなたのイメージを大きくアップさせるのです。

これは、一昔前であれば、「自己啓発本」に書かれた、
単なる経験的な事実だったのですが、
最近のポジティブ心理学の発展によって、
「ネガティブな言葉」は、人からの印象が悪いだけではなく、
幸福度が低く、病気になりやすく、寿命も短い、
というたくさんの科学的な研究結果が出ているのです。

詳しくは、こちらの本をお読みください。

00000001

『幸福優位7つの法則
仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論』
http://amzn.to/1IxgIz6

ネガティブな言葉が、どれほどの悪影響を私たちに与えているのか?
そして、ポジティブな言葉を使うだけで幸せになれるという、
驚きの研究結果を読むことができます。

言葉を変えるだけで、不幸にも、幸福にもある。
健康でいられるか、美容器になるかも変わってくる。
とするならば、やはりどのような言葉を発するか、
もっと慎重に考えたほうがいいと思います。

言葉というのは、自分一人の問題ではなく、
相手への「気遣い」「思いやり」につながるわけですから。

「言葉は、ギフト」と言ってもいい。

ですから人と話すときは、
相手を不快にする「ネガティブな言葉」よりも
相手喜ばせる「ポジティブな言葉」を、
ギフトとして贈るべきではないでしょうか?

 

8万部のベストセラー『読んだら忘れない読書術』
その第3章をまるごと読める「無料版」をプレゼント中!