4コマ漫画

緊張せずにスピーチする方法 〜マンガでわかる精神医学・心理学

名称未設定-1

【しおんちゃん先生】012話0614

 
作・のんだひろみ
 

 
【樺沢のミニ解説】

緊張しやすい人に限って、
なぜか事前の準備や事前の練習が少ない傾向があります。

 

3分のスピーチ。
「緊張しやすい! 失敗したらどうしよう・・・」 と思えば、
10回練習すればいいのです。
「10回も練習したのに、緊張して、しどろもどろになった」
という話は聞いたことがありません。

 

逆に、上手にスピーチする人は、
黙ってみんなの知らないところで、 何度も練習していたりします。

 

準備、練習によって、脳のデータベースが書き換えられます。
練習0回は「緊張・不安」を呼び、
練習10回は「安心」を呼ぶのです。

 

とにかく、緊張しやすい人は、まず「準備」「練習」を徹底的にやってみましょう!

 

追伸
具体的に、どんな練習を、どのくらいすればいいのか。
準備、練習による緊張コントロール術の詳細は、
拙著『いい緊張は能力を2倍にする』で紹介しています。

 

 

========

【しおんちゃん先生 第10〜11話】

緊張をコントロールする最も簡単な方法
みのるくん、緊張編はコチラ☆

緊張をコントロールする最も簡単な方法 〜マンガでわかる精神医学・心理学

 

 

 

 

樺沢紫苑 新刊
『いい緊張は能力を2倍にする』

5月30日、配本!!
書店で見かけたら、是非、手にとってみてください。

 

『いい緊張は能力を2倍にする』
購入したい!、という人はコチラをクリック

↓ ↓ ↓
『いい緊張は能力を2倍にする』(樺沢紫苑著、文響社)

“>