4コマ漫画

緊張は欠点ではない 〜マンガでわかる精神医学・心理学

しおんちゃん17

17話

作・のんだひろみ

 

 

 

【樺沢のミニ解説】
緊張に弱い人は、緊張してきたら、

「あー緊張してきたどうしよう、どうしよう」と
余計に緊張を強めてしまう人が多い

 

多くの人は、「緊張は欠点」と思っていますが、
それは間違いです。

 

緊張している状態では、
ノルアドレナリンという脳内物質が分泌されています。

 

ノルアドレナリンは、集中力、判断力、記憶力など、
脳のパフォーマンスを極限まで高めることができる
ミラクル物質です。

 

つまり、
「緊張している=パフォーマンスが上がっている」
ということ。

 

緊張してきたら、
「パフォーマンスが上がって来た!」と言ってみましょう。

そうすると、普段以上のパフォーマンスが発揮できるはずです。

 

緊張は、決して「欠点」ではありません。

 

追伸

緊張コントロールについて、さらに詳しく知りたい人は・・・

 

樺沢紫苑 新刊
『いい緊張は能力を2倍にする』

5月30日、配本!!
書店で見かけたら、是非、手にとってみてください。

『いい緊張は能力を2倍にする』
購入したい!、という人はコチラをクリック

↓ ↓ ↓
『いい緊張は能力を2倍にする』(樺沢紫苑著、文響社)