4コマ漫画

梅雨の憂鬱を消し去る方法 〜マンガでわかる精神医学・心理学

しおんちゃん先生アイキャッチ

【しおんちゃん先生】009話0610
作・のんだひろみ

 
【樺沢のミニ解説】

梅雨の時期は、憂鬱な気持ちになる人が多いはず。

これは単に気分的な問題ではなく、
脳科学的にもセトロニン不足に陥るため、
憂鬱になり、意欲も低下しやすいのです。

セロトニンを活性化させる方法は、
「太陽の光を浴びる」ことと「リズム運動」です。

セロトニンを活性化するには、2500ルクスの明るさが必要ですが、
雨の日の屋外でもなんと15000ルクスもあります。

ですから、雨の日に散歩しても、
セロトニン活性化には十分な光を浴びることができます。

「リズム運動」の代表格は、ウォーキングです。
リズム運動は15分以上でセロトニンを活性化しますので、
雨の日でも午前中に15分散歩すれば、
セロトニンを活性化させて、憂鬱な気分を消し去ることができます!

 

なお、セロトニンが作られるのは午前中なので、
午前中に散歩しないと意味がありません
ので念のため。

 
樺沢紫苑 新刊
『いい緊張は能力を2倍にする』

5月30日、配本!!
書店で見かけたら、是非、手にとってみてください。

『いい緊張は能力を2倍にする』
購入したい!、という人はコチラをクリック

↓ ↓ ↓
『いい緊張は能力を2倍にする』(樺沢紫苑著、文響社)