精神医学心の話

原因がわかれば、対策がわかる!!

表紙画像

何かトラブルが起きた場合、
その原因がわかれば、それについて対策をすればいい。

トラブルは解決され、再発も防止可能です。

原因を究明して、対策をしよう!
という発想を身につけられるのが、
本日10月10日発売の樺沢紫苑の新刊
『絶対にミスをしない人の脳の習慣』
の重要なポイントです。

ミスをしないためには、
ミスの原因を究明する必要があります。

「ミスの原因」は、私が探求したところ、たったの4つです。

(1)集中力の低下
 
(2)ワーキングメモリの低下
 
(3)脳疲労
 
(4)脳の老化

この4つの原因に対して、徹底的に対策をすれば、
ミスはほとんどなくなります。

この4つの原因と全く関係なく起こってくるミスはないはずです。

今まで、たくさんの「ミスをなくす本」が出版されていますが、
それらの本では、
(1)集中力の低下
についての対策しか書かれていません。

気の利いたものでは、
(2)ワーキングメモリの低下
について書いたものものあります。

しかし、
(3)脳疲労 や (4)脳の老化 を
「ミスの原因」として、対策した本は、ほとんど存在しません。

「集中力の低下」に対する対策は、
「対処療法」にすぎないのです。
 
「脳疲労」や「脳の老化」に対する対策は、
「根治療法」です。
 
「ミスをする原因」を、根底からなくしていくのが、
本書の大きな特徴です。

その点において、今までになかった、
画期的な「ミスをなくす本」と言えるでしょう。

きちんと実践していただければ、
あなたのミスも確実になくなります。

10月10日発売。
『絶対にミスをしない人の脳の習慣』
(樺沢紫苑著、SBクリエイティブ刊)

ぜひ書店でお買い求めください!