精神医学心の話

緊張の脳内物質は、夏休みの宿題を1日で片付ける物質と同じ!

storyblocks-photo-of-young-concentrated-african-athlete-man-make-stretching-exercises-on-running-track-outdoors-looking-aside_BAUuqM36qZ

あなたは、夏休みの宿題を最後の一日で片付けたことはありませんか?

多くの人が、夏休みの宿題を最後の一日、
あるいは最後の数日で片付けた経験があると思います。

宿題が一日で終わるのであれば、最初の一日で全部やってしまえばいい、
と思いますが、実はそれはできないのです。

背水の陣。火事場の馬鹿力。窮鼠猫を噛む。

限界状況に追い込まれた人間が、実力以上の力を発揮することは、
昔から知られています。

また、あなた自身も、夏休みの宿題に限らず、
「明日まで締切り」といった期限が迫った仕事に取り組む場面で、
「火事場の馬鹿力」を実感しているはずです。

制限時間を決めると仕事は効率化する。
時間単位の制限からさらに「いつまで」という期限、期日をもうけても同様に、
集中力がアップし、仕事の効率が高まります。

なぜ、人間は追い込まれると、そこまでの凄い力を発揮できるのか。

人は追い込まれると、脳内でノルアドレナリンが分泌されるのです。

ノルアドレナリンは、集中力を高め、学習能力を高め、脳を研ぎ澄まします。
結果として、脳は最高のパフォーマンスを発揮するのです。

さて、私達が「緊張」を感じたときに、
脳内ではどのような脳内物質が出ているのでしょうか?

それは、ノルアドレナリンなのです。

つまり、緊張すると、
集中力を高め、学習能力を高め、脳を研ぎ澄ます。

宿題を一日で終わらせるほど脳のパフォーマンスを高める
ノルアドレナリンが、
私たちが緊張を感じた時に分泌されるのです。

緊張した状況をうまく乗り切るために、
脳を瞬時に活性化する脳内物質「ノルアドレナリン」が分泌されるのです。

「緊張」は、私たちの「敵」と考える人が多いですが、
「緊張=ノルアドレナリン分泌」と考えれば、
「緊張」は、私たちの「味方」であることがわかります。

「緊張している」ということは、
集中力を高まり、脳が活性化して、普段以上に高いパフォーマンスを発揮できる、
ということ。

緊張は敵ではない味方。
あなたが、いつも以上の実力を発揮できる
「徴候」ととらえるべきなのです。

12月10日(日) 開催
「緊張を圧倒的な味方にする7つの方法」セミナー
【会場参加】は、コチラから
【動画参加】は、コチラから



↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)