socialMedia

2分仕事術 〜 すぐに終わる仕事は、今すぐ終わらせる

IMG_9663-870

すぐに終わる仕事は、後回しにしないで今すぐ、
終わらせたほうがいい。

という話をすると、
「すぐに終わる仕事というのは、何分以内に終わる仕事ですか?」
という、いやらしい質問をする人がいます。

あるいは、「すぐに終わる」の定義をきちんと決めていないと、
「この仕事は5分で終わるけど、今やった方がいいかな? 
 それとも、後にした方がいいかな?」
と迷う人もいるかもしれません。

「どうしよう?」と迷っていると、
その時間がもったいないですね。

そのためにも、
「すぐに終わる仕事」の基準を決めておかなくてはいけません。

「すぐに終わる仕事」とは、
ズバリ「2分以内で終わる仕事」のことです。

これは、デビッド・アレンの
『ストレスフリーの仕事術—仕事と人生をコントロールする52の法則』(二見書房)
に書かれています。

では、2分の根拠というのは何か? 

3分ではなく、1分50秒ではなく、2分という基準は・・・。

特にありません(笑)。

ただ目安として「2分」とイメージしておく。

「この仕事、すぐに終わるかな?」
よりも
「この仕事、2分で終わるかな?」
の方が、

「終わる」「終わらない」の決断を瞬間的に行うことができるので、
より合理的であると考えられます。

「2分で終わる仕事」とは、
一番、典型的なのがメールの返信でしょう。

「今、返信しないで、あとで暇な時に返信しよう」
と思ったら、後でもう一度メーラーを立ち上げて、
そのメールを探して、そのメールを開いて、もう一度読み直して…、
なんてことをやっていたら、
それだけで30秒か1分ぐらい経ってしまうでしょう。

今、返信すれば、1〜2分で終わるのに、
後回しにすることで、
余計にもう「1分」時間がかかってしまう。

なんという時間の無駄でしょう。

ということで、
「2分で終わる仕事」は、後に回さず、
今すぐ終わらせたほうが良いのです。