socialMedia

舞台から見える 風景とは? 樺沢紫苑、俳優デビュー!?

樺沢紫苑、俳優デビュー「泡の恋」

樺沢紫苑、俳優デビューしました!!

昨日、
エックスカンパニー旗揚げプロデュース講演「泡の恋」。
なんと、初日講演に登壇!

精神科医・樺沢紫苑役で登場し、
アサクサ国、ススキノ組のメンバーに、
「メンタル・トレーニング」と称して、
「ミになる図書館」のようなウンチク披露をするという・・・。

ほぼ、アドリブでしたが、無事、終了。
意外とうけてましたね(笑)。

「泡の恋」俳優デビュー2

自分の出番の前は多少は緊張しましたが、
舞台に上がってしまう、集中力が高まっていますので、
頭は非常にクリアで、冷静に役を演じることができました。

いつも、100人、200人の前で講演していますから
人前に立つのは、慣れたものです。

この日の舞台は130人くらい入っていたでしょうか。
いつものセミナーと同じくらいの人数ですから、
特にプレッシャーということもなく、楽しくできました。

出演する前は、演劇の舞台にのぼると
観客席がどんな風に見えるのか、なんてことを考えていました。

その舞台に立つと、何か特別な世界が見えるのではないか・・・と。

泡の恋

結論から言いますと、
演劇の舞台から見える風景は、
セミナー講師として見る風景と、さして変わりないということでした。

「演劇の俳優」と「セミナー講師」というのは、
「表現する」「演じる」というこで、随分と似ているとなと思ったのです。

演劇は、セリフが決まっていて、相手との掛け合いがある。
セミナー・講演は、内容は決まっているが一字一句までは決まっておらず、
自分のペースで話すことができる
という違いがあります。

「演劇」と「セミナー」の最大の違いは、
演劇の舞台はスポットライトがあたっているので、
観客の様子や反応がわかりづらいということです。

演劇の舞台では、舞台→観客席 への音の通りはいいのですが、
観客席→舞台には、あまり音が通らないので、
観客が受けているのか把握しづらいなあ、と思いました。

セミナーでは、観客の表情を観察しながら、
つまりリアクションを見ながら進められますが、
舞台では、それらは感覚的に把握するしかないのか・・・と。

もう一つ。今回の舞台は、マイクなしなので、
声が会場全体に通るのか非常に心配でしたが、
終了後に聞いた話では、俳優さん以上に声かが通って
聞きやすかったという感想もあり安心しました。

ベストのパフォーマンスができるように、
最新の注意を払いつつ、雰囲気を感じとり、即座に修正していく。

その点で言うと、舞台もセミナーも同じです。

ということで、
「全然、演劇もできるじゃん」と妙な自信をつけました(笑)。
いずれにせよ、非常に貴重な体験ができました。

「泡の恋」は、ダンスあり、アクションあり、笑いあり、
そして最後は感動がある。

バラエティ豊かな実験的な演劇で、
観客としても楽しませていただきました。

「泡の恋」の公演は、12月27日まで続きますので、
興味のある方は、是非。

泡の恋

「泡の恋」公式ページ
http://x-company.jp/awakoi/
追伸 樺沢の出演は、21日の一日限りです。
今後は出演しませんので、ご注意ください。

『覚えない記憶術』無料版をプレゼント2

1月6日発売、樺沢紫苑の新刊
『覚えない記憶術』の無料版をプレゼント中。

「はじめに」と「第1章」の全文、46ページを
PDFファイルにまとめました。

『覚えない記憶術』無料版、ダウンロードはコチラから
http://kabasawa.biz/amazon/oboenai.html