socialMedia

「ひとり」で楽しむか、「一緒」に楽しむか。

ジンフェス

「ジン・フェスティバルに行かない?」
と家内を誘うと、




「行かない!」という返答が、0・1秒で帰ってきました。

 

恐ろしいほどの瞬発力。

 

これは、どうみても大脳皮質を使っていない。
扁桃体レベルの反射としか思えない、
瞬間的な返答でした。

 

(意味がわからない方は、
『いい緊張は能力を2倍にする』を読んでください)

 

その後も、何人かの友人を「ジン・フェス」に誘うものの
全て断られ、
先日、ようやく一人、同士を見つけたと思ったら、
当日、ギリギリになり、行けないとの連絡が・・・。

 

俺は、なんてモテないんだ。
俺は、なんて友達が少ないんだーーーー。

と思いつつ、一人でジンを楽しむのも悪くない。
ということで、単独での「ジン・フェスティバル」出撃、
となりました。

 

第1回「ジンフェスティバル.東京」
https://www.ginfest.tokyo/

34882929_1869210569802086_6375872036014653440_n

最初は、

「所詮、ジンでしょ」
「ウイスキーと比べるとやっぱりね・・・」
「2時間くらい一通り飲んで、さっさと帰ってこよう」

と思っていたものの、
結果として、4時間ほど、
たっぷりジンの世界をエンジョイしたのでした。

 

「ジン・フェスティバル」、チョーーーーーー楽しい!!

 

ジンの既成概念が覆りましたね。

 

最近のクラフトジンのブームの勢い。活気。エネルギー。
それを、ストレートに体感できる、素晴らしいイベント。

 

入場料は無料で、10cc100円で試飲をするスタイル。

35114605_1869210583135418_7629966408721367040_n

 

大阪ウイスキー・フェスティバルで、116杯を飲んだ
ツワモノの樺沢も、今回はたったの17種類で撃沈。

 

ジン・チケットは、15枚で1,500円。

 

1,500円で、こんなに楽しんじゃっていいんですか?
バーだと、ジン2杯で1,500円突破しますけど。

 

ウイスキーフェスティバルは、入場料が4千円ほどで、
入場してからが飲み放題。

 

どちらが、参加者にフレンドリーかというと、
最初は「入場料制」の方がいいかなと思っていましたが、
チケット制だと、ジンということもあって、全然飲めない。

 

17種、170cc。
まあ、相当な量かもしれませんが(笑)。

 

飲み放題にすると、変な酔っ払いが出現しますが、
会場にはそんな様子の人は一人もいなく、いたって健全。

 

意外と、チケット制はいいのかな、と思いました。

 

今回のイベント、一番良かったのは、場の空気感です。

34880745_1869210579802085_3805620167065468928_o

 

20代、30代前半の若者が中心で、さらにオシャレな人が多い。
こんなイベントで休日を楽しむというスタイル自体が、
かっこいいし、しゃれている。

 

カップル、グループ、女性同士、男性同士といろいろなパターンがある。

 

ウイスキーのイベントと比べて、年齢層も低く、女子率が高い!

 

何より、みんな「笑顔」だし、ジンを楽しんでいる!!

 

「ジンよりウイスキーだよね。熟成したほうがおいしいに決まっている」

とウイスキーファンの私は思っていますが、
若い人がら見ると、ウイスキーやワインは、奥が深すぎて、
マニアックなオタクな世界で、初心者が入りづらい。
と思われているのかもしれない。
ということに気づきました。

 

もっと気楽に楽しめるお酒。
ということで、ジンが盛り上がっているのかも。

 

そんな、やわらかな空気感が、とてもよかった。

 

ちなみに、東京のウイスキーフェスティバルは、
マニアが多いので、戦々恐々とピリピリとした空気すら漂っているのです。

 

また、出店者も「第1回」ということで、説明にメッチャ、熱が入っている。
そして、出店者も若い人が多いという印象。

 

そんな、参加者も出店者も熱気と情熱があって、笑顔が多くて、
お酒と休日を楽しんでる感がすごーーくある。

 

日本の若者も、活気があって、人生をエンジョイしてるじゃん!

 

そんな若者のエネルギーをおすそわけしてもらう、
52歳の樺沢紫苑。

的な感じです。

 

「スゲー雨も降ってるし、行くのやめようかな」
と思いましたが、参加して本当に良かったです!

 

最近、年を取ったのか、「ひとり」で楽しむのが、
とても苦手になりました。

 

昔だと、誰かと一緒よりも、一人の方が気楽で楽しい。
ということで、イベントや旅行も一人で行くことが多かったのですが、
最近は、「一緒」に楽しむ方がいい。

 

誰かと一緒に楽しんで、喜びをシェアしたい。
という心境に変わって来ました。

 

そんな中での、先日の一人イベント参加。

 

思ったことは、
一人でも、全然楽しい。

 

私の場合、その場で、FacebookやTwitterで、感想をシェアしますので、
数千~数万人の人が見てくれるわけです。

 

SNSを使うと、一人でいても、
「一緒」に楽しむ、楽しみ方ができるのかな・・・と思いました。

 

あなたは、

「ひとり」で楽しむ派ですか?
それとも、「一緒」に楽しむ派ですか。

 

「ひとり」で楽しむ派の人は、たまには友人や仲間と一緒に出かけてみたらいいです。

「一緒」に楽しむ派まの人は、たまには一人で出かけて見るといいです。

 

普段とは、全く違った世界が見えてくる。
普段とは、全く違った楽しみ方ができるはずです。

 

 

樺沢紫苑 新刊
『いい緊張は能力を2倍にする』

5月30日、配本!!
書店で見かけたら、是非、手にとってみてください。

『いい緊張は能力を2倍にする』
購入したい!、という人はコチラをクリック

↓ ↓ ↓
『いい緊張は能力を2倍にする』(樺沢紫苑著、文響社)