socialMedia

じゃがバターパンの驚愕!

19667842_1529111730478640_6297993750668517280_o

一昨日訪れた北海道の美瑛のレストラン「アスペルジュ」が、
昨日の「カンブリア宮殿」で特集されていたのでビックリしました!!

すごい偶然、というか必然。

「アスペルジュ」、ダメもとで電話かけたら、
当日予約で13時半からならOK!と、
予約が入れられたのもかなりの偶然。

素材を活かした料理。

どの皿も、「うーん」と唸らされるのですが、
例えば、ありそうでないのが「じゃがバターのパン」。

bibai03

パンにホッコリとした大きめのジャガイモが練り込まれていて、
バターが添えられている。

ジャガイモとバターで、じゃがバター。
パンにバター。

という、黄金の組み合わせを2つ組み合わせたわけですが、
パンにバターは合うし、ジャガイモとバターは合うので、
この三種の組み合わせが、合わないわけがない。

言われると当たり前だけど、なかなか考えつかない。

これこそが、「イノベーション」(革新的)発想の
根源だと思うのですが、
「アスペルジュ」の料理を食べて、

ありがちだけど、なかなかない。
よく考えついたな・・・。
 
と思わされました。
 
食材と真摯に向かい合い、
先入観を捨てたニュートラルな発想ができているから、
シンプルでありながら、斬新な発想ができるのだと思います。
 
(次回に続く)

追伸

ニュートラルな思考については、
拙著、『神・時間術』で詳しく書いていますので、
参考にしてください。

『神・時間術』(大和書房)
http://amzn.to/2rSdm5b

『神・時間術』表紙