socialMedia

「ブッダも笑う仏教のはなし」~仏教がわかりやすく笑いながら理解できる

ブッダも笑う仏教のはなし

ここ数年、「仏教」が盛り上がっています。
僧侶が書いた感情のコントロールの本がベストセラーとなり、
仏教や僧侶らにフォーカスしたテレビ番組も登場しました。

禅や瞑想などの本にも注目が集まり、
「瞑想」「マインドフルネス」に関しては、
来年以降、さらに盛り上がることは確実です。

仏教や禅や瞑想に感心のある人は多いでしょうが、
では「仏教ってどういう教え?」と聞かれて、
それをわかりやすく説明できる人は、非常に少ないと思うのです。

私にもできません。

そんな中、お笑い芸人「笑い飯」の哲夫さんが書いた
「ブッダも笑う仏教のはなし」(サンマーク出版)は、
ものすごくわかりやすく仏教が説明されています。

それもお笑い芸人の語り口そのままですから、
おもしろくし、読みやすい。

「ちょっとふざけすぎしゃないか」と思うくらいの脱線ぶり。
しかし、「ああ、その例えなら。よくわかる」と、いちいち納得してしまいます。

もちろん、「笑い」も大量に盛り込まれていて、
「ブッダも笑う」というタイトル通り、
これを読めば、ブッダも笑うはずです(笑)。

「難しいことを、わかりやすく説明する」というのは、
とても難しいことです。

私も本を執筆するたびに、
「わかりやすく説明する」ことに心血を注いでいるので、
そのたいへんさはよくわかります。

「よく難しい仏教の教えを、ここまでわかりやすく説明できたな」
という点でも非常に印象深い一冊です。

そして、
それをお笑い芸人が書いているという意外さ。

というか、「お笑い芸人」の語り口があって
この「おもしろさ」「読みやすさ」「わかりやすさ」が
実現したともいえるのでしょう。

仏教の全体像をわかりやすく理解したい。
という人には、うってつけの一冊です。