socialMedia

ビジネスは「わらしべ長者」だ!

わらしべ長者

あなたにとって、

「重要な仕事」と「あまり重要でない仕事」があるかもしれません。
「報酬の高い仕事」と「報酬の安い仕事」もあるでしょう。

 

しかしながら、
「あまり重要でない仕事」や「報酬の安い仕事」を
しっかりと高いクオリティでやりきる人が、
次のチャンスを掴む人と言えます。

 

「あまり重要でない仕事」や「報酬の安い仕事」を
「たいした仕事ではないから」と、手を抜いていると、
いつまでたっても
「重要な仕事」や「報酬の高い仕事」は増えてこないのです。

 

5月10日は、雑誌「プレジデント」の取材でした。

 

前回、「24時間の使い方」。

512tOnQ4viL
http://amzn.to/2AxgtC6
についで、3回目の登場です。

 

3度目の正直。

3度呼ばれれば本物といえますから、
3度もお声がけいただき、うれしい限りです。

 

前回の「24時間の使い方」。
私の監修部分は、この特集全体の中でも、最も評判がよかったそうです。
うれしいですね。

 

雑誌の取材というのは、
正直、お金になりません。

 

取材協力費の相場は、
1万円から1万5千円くらいでしょうか。

 

取材時間が2時間くらいで、
原稿の直しもしないといけないので、
「報酬の安い仕事」ということになりますが、
そこで手を抜いてはいけません。

 

私は、雑誌取材は、かなり力を入れて、
事前に内容をリサーチしたり、
アイデア出しをしたり、
良い記事ができるよう全力投球しています。

 

だからこそ、次の仕事につながってくるのでしょう。

 

ビジネスというのは、「わらしべ長者」のようなものです。

 

「小さな仕事」も、全力でしっかりとこなしていくと、
次は「少し大きな仕事」がきて、何度も何度も繰り返して、
ようやく「大きな仕事」が来る、というわけ。

 

ということで、「小さな仕事」や「報酬の安い仕事」も
しっかりとこなしていきたいものです。


↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)