socialMedia

熱帯夜でも熟睡できる! 最強の睡眠ツールを発見した!

180703

まだ、7月上旬なのに、暑い日が続きます。

 

夜寝苦しい。
グッスリ眠れない。
途中で目が覚める。

 

どうしても、夜の暑さは、睡眠に悪影響を及ぼします。

 

以前の動画で、クーラーはタイマーで停止させるよりも、
弱い温度で、つけっぱなしにした方がいいという話をしました。

 

『熱帯夜でもグッスリ眠る方法』(3分7秒)

とはいえ、クーラーをつけっぱなしにすると、
「寝冷え」や体調不良の原因になる、
という人もいるでしょう。

 

私も、最高の睡眠を目指すために、
あらゆる睡眠グッズを試していますが、
数日前に、あるものが届きました。

 

それは






温・冷 水眠マット」。

 

マットに任意の温度の水を流すことにより、
夏は涼しく、冬は暖かく眠れるという、凄い睡眠グッズです。

 

以前、「睡眠本」で紹介されていて、
すぐに購入しようと、ネットで検索しましたが、
全て売り切れ状態。

 

あとで知ったのですが、
初夏のシーズンに数量限定で売り出されるようです。

 

先日、申し込んだのが、ようやく到着しました!!

 

そこで、「温・冷 水眠マット」を、
さっそく使ってみました。

 

マットに水を注入しますが、1リットル程度と意外と、
水の量は少なく、マットの厚さは、5ミリもないくらいで、
非常に軽量、コンパクトで驚きます。

 

最初、20度で設定してみたら、あまりにも冷たすぎ。
25度にしたら、ちょうどよくなりました。

 

ひやーーーーーっとして、ちょーーーー気持ちいいです。

 

丁度、背中やお尻を冷やしてくれる。
寝具に、体温がこもって蒸し暑くなる部分ですね。

 

そして、その気持ちよさが、朝まで持続します。

 

タイマーで、オフの設定もできます。
温度も、18-45℃と、かなり広く設定できます。

 

さて、肝心の睡眠。
翌朝の目覚めは






めっちゃ、深い睡眠で、グッスリ眠れた!!

 

最近、暑い日が続いているので、
ここ1週間くらいでは、一番よく眠れました。

 

と個人の感想を言っても、客観性がない。

 

ということで、睡眠アプリを使って、
睡眠の深さを見てみました。

36520566_1903661853023624_7849147519073255424_n

 

見ればわかりますね。

 

「使用前」では、後半の睡眠が、暑さのせいか、
全く深まっていないのに対し、
「使用後」の方は、最初のレム睡眠がものすごく深い。
そして、後半のレム睡眠も、かなり深まっているのがわかります。

 

なぜ、ひんやりと冷たいマットは、深い睡眠を促すのか?

 

人間がグッスリと深い睡眠に入るためには、
日中よりも、深部体温が1度低下することが必須です。

 

夜に気温が高いと、深部体温がなかなか低下しない。
それが、夏場の「不眠」の大きな原因となります。

 

もう少し、温度なども調整しながら、
ベストの条件を探っていきますが、
今年は、「熱帯夜」でもグッスリ眠り、
最高のパフォーマンスを維持できるのではないかと、
非常に期待しています。

 

3万円以上しますので、かなり高額ですが、
夜グッスリ眠れて、仕事のパフォーマンスが
上がるとすれば、とても安い買い物だと思います。

 

「温・冷 水眠マット」
https://amzn.to/2sFCpJt

 

 

 

 

 

樺沢紫苑 新刊
『いい緊張は能力を2倍にする』

5月30日、配本!!
書店で見かけたら、是非、手にとってみてください。

『いい緊張は能力を2倍にする』
購入したい!、という人はコチラをクリック

↓ ↓ ↓
『いい緊張は能力を2倍にする』(樺沢紫苑著、文響社)