socialMedia

インフルエンザ予防法完全版

inhuru

【質問】樺沢先生こんにちは。

インフルエンザが怖くて外出できません。

今年は特に猛威をふるっているので本当は私も先生と同じように
カフェで勉強したり、映画館に映画を見に行きたいのですが、
「インフルエンザをうつされそう」という気持ちが勝ってしまい
インドア派になってしまいます。

何かいい解決法はありますか?


【回答】

インフルエンザというのは、呼吸器感染症です。

つまり、インフルエンザ・ウイルスが、
鼻や口から入ってきて感染が成立します。

逆に言えば、
インフルエンザ・ウイルスが、鼻や口から入って来ない限り、
感染はしないということです。

つまり、「マスク」はかなり有効です。

「かなり」といいましたが、
実は、マスクの仕方方を間違っている人が多い。
というか、ほとんどです。

99.9%、ウイスル防御のマスクをしても、
マスクの横から指が入ると、そこから
ウイルスがガンガン入ってくる可能性があります。

ですから、マスクを正しく装着すること必須。
そうすれば、インフルエンザは、ほぼ防げるといっていいでしょう。

『正しいマスクの付け方を教えます』


「手洗い」は、手についたウイルスが、
口から入ることを予防します。

「うがい」は、のどの奥「喉頭」に付着した
ウィルスを洗い流すことができます。

ただ、「うがい」では、咽頭(鼻の奥)に付着した
ウィルスを洗い流すことができません。

最近流行っている「鼻うがい」は、
咽頭(鼻の奥)に付着したウィルスを洗いながすことができますので、
インフルエンザ予防には、普通の「うがい」よりも、
「鼻うがい」が効果的である、という説もあります。

鼻や口からウィルスが侵入しても、
ウィスルが微量であれば、自分の免疫力でウィルスを
退治できる可能性があります。

免疫力を高める最も簡単な方法は、
「睡眠」をきちんととること。

睡眠不足に陥ると、風邪になるリスクが4倍に増えますので、
おそらくインフルエンザになるリスクも数倍に高まるはずです。

ということで、インフルエンザが流行しているこの時期、
睡眠時間「7時間」は必須です。


『インフルエンザの意外な予防法』


水を飲むとインフルエンザが予防できる。
という説が、テレビの健康番組で紹介されネットでも話題になっています。

喉頭に付着したウィルスを洗い流す効果は期待できますが、
咽頭に付着したウィルスを洗い流すことはできませんので、
効果は限定的だと思います。

ただ、口や喉が乾いた状態、つまり、粘膜が乾燥していると、
「免疫力」が十分に発揮できません。

ということで、加湿器などで「湿度を保つ」ということが大切な
のと同様に、「水分補給」とは、ある程度の効果が期待できます。
以上、インフルエンザ予防法まとめてみました。

一番よい予防法は、インフルエンザに感染した人に近づかないこと。

ということで、「外出を控える」ということは、
とてもいいインフルエンザ予防法だと思います。



↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)