socialMedia

猛烈に金運が上がる方法

猛烈に金運が上がる方法

私は、もともと科学実験をしていましたので、
「実験をする」というのが好きです。

例えば、自己啓発書を読んでも、
ほとんどの人は、実行しないでしょうが、
私はとりあえず実行します。

数年前に小林正観の
『ありがとうの神様』(ダイヤモンド社)
http://amzn.to/2vHe5b3
を読みました。

そこに、
「トイレ掃除のやり方を変えると、
 臨時収入の金額の「0」が増えていく」
ということがか書かれていたのです。

トイレ掃除のやり方を変えて、トイレをピカピカに磨きあげると、
臨時収入が入る!

それも、自分のイメージする臨時収入よりも、
「0」が一桁多い収入が入る、というのです。

信じられますか?

信じられませんよね。

でも、私は気になっていました。
 
うちのトイレは汚い、ということに。

そこで、
「トイレをキレイにすると臨時収入が入るのか?」
実験してみることにしました。

トイレの洗剤とプラシを買ってきて、
30分かけて、ピカピカに磨き上げたのです。

爽やかです

我ながらよくやった。
実に、さわやかな気分になりました。

果たして、「臨時収入」は得られるのか?

この本には、「臨時収入」が得られる。

特に、
「忘れていたヘソクリが発見されることが多い」
と書かれていました。

これは、私は絶対にあり得ない。と思いました。

なぜならば、私は基本的に、家に現金はおきませんし、
あったとしても決まった場所に数万円ある程度。

どこかに現金をしまったこと、隠したことなど、
私の記憶する限り、絶対ないので、
 
「忘れていたヘソクリが発見される」
ということはありえないな、

と、その時、確認しました。

さて、それから二日後。

来月、アメリカ旅行に行く予定がありまして、
旅行前に何冊が読んでおきたい本があったので、
本棚からアメリカの本を一冊取り出しました。

そして、本を開くと、
そこには驚きの光景が・・・。







なんと100ドルのピン札が2枚、
本の間に挟まっていたのです。

と同時に、ある意味、ゾクッとするような、
背筋が凍りつくような感覚にとらわれました。

これは、「トイレをキレイにした効果」ではないのか・・・。

というか、それ以外に考えられません。

なぜ、この本の間に200ドル札が挟まっていたのか、
全く思い出せません。

ただ確かなのは、その本は、
アメリカのシカゴに留学時代に読んでいた本なので、
シカゴにいる間に、200ドルを挟んだことは
間違いないのですか、全く思い出せません。

というか、9年前の話ですから。

トイレをきれいにすると金運がよくなるのか?

トイレをきれいにしたせいかはわかりませんが、
トイレをきれいにしたら、
2日後に200ドルの臨時収入が得られた、
というのが私の実験結果です。

歴然として、事実でございます。

それ以後、トイレを常にきれいにするように
心がけています。

金運は、かなり良くなりました(笑)。

ほとんどの人は、本当かよと思っても実行しません。

トイレ掃除なんか、30分あればできるのに、
ほとんどの人はやりません。

どうなのかな?
 
と思ったらとりあえず、やってみればいい。

成功の秘訣は「トライ&エラー」です。

とりあえず、試しに、行動してみる。

うまくいけば続ければいいし、
違うなと思えばやめればいい。

ほとんどリスクなんかないのです。
若干の時間を失うだけですから。

世の中、行動したものが勝ちます。
軽いフットワークで行動する人が、
結果を出して、成功していきます。

行動しない人は・・・
はい、今のままでいるしかありません。

「トライ&エラー」。
あなたも習慣にしてみませんか?
 



↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力) 

本日のおすすめ動画