書評/映画評

1日10秒で集中力を高める方法 ~ 1日10秒マインドフルネス 〜

10byou

「1日1分」とか「1日10秒」といったタイトルの本が
よくありますが、本当にそんな短時間で効果が出るのか?
と、私はかなり懐疑的です。

本日発売された
『1日10秒マインドフルネス』
(藤井英雄著、大和書房)
http://amzn.to/2meRaQY

早速、入手しましたが、
読む前は
「そんな10秒で効果が出るのかよ?」
と、かなり懐疑的です。

それで、読んでみて、
たった10秒のマインドフルネスは意味があるのか?

私は、思いました。





凄い意味がある!!

10秒のマインドフルネスができない人は、
5分マインドフルネスを続けることは不可能。

ということで、とりあえず、
10秒のマインドフルネスで、
マインドフルのトレーニングをスタートする。

マインドフルネスの入門として、
「10秒マインドフルネス」をはじめてみる、
というのは、「あり」だな、と思ったのです。

最近、マインドフルネスや瞑想が、かなり注目を浴びています。

Googleやナイキ、マッキンゼー、ゴールドマン・サックスなど
世界の一流企業が社員研修に導入していることが、
注目を集める大きなきっかけとなっています。

マインドフルネスにはどのような効果があるのか?

#ストレスが発散される。
#集中力が高まる。
#仕事の効率が高まる。
#不注意なミスが減る
#扁桃体が縮小し、海馬が大きくなる
#免疫力が高まり、病気になりづらい。
#うつ病やその他のメンタル疾患の予防、治療効果

と、良いことずくめです。

科学的な研究も進んでいて、エビデンス(科学的な証拠)も、
かなり蓄積され、マインドフルネスの効果というのは、
相当なものがあるようです。

ビジネスマンとしては、
集中力が高まり、仕事効率がアップするのなら、
それだけでも取り組む意義がありますね。

 

実は私も、古武術で瞑想を習っています。

それで時々やっているのですが、
なかなか毎日できるものではありません。

「何分やるのがいいですか?」というと、
「30分以上やるといい」と言われていますが、
30分以上やることはまず滅多にない。

5分とか10分という短時間で終わることが多いのです。

それでもストレス発散効果や集中力アップ効果が
かなり得られます。

続けるというのは、本当に難しいことです。

 

『最高の休息』(久賀谷亮著、ダイヤモンド社)
http://amzn.to/2j3SmSE
のように、マインドフルネスの本が、
ベストセラーにもなっています。

『最高の休息』、読んだ人も多いでしょうが、
じゃあ読んだ人がマインドフルネスを毎日続けているか、
というと、おそらく続けていない人がほとんどだと思うのです。

『最高の休息』では、
「10分間1日2回以上で脳の休息に効果が期待」
と書かれていますが、本を読んでそれを続けている人。

マインドフルネスを習慣化できた人は、
少ないのではないかと思うのです。

そこで、登場するのが
『1日10秒マインドフルネス』です。

ちなみに、著者の精神科医の藤井英雄先生は、
20年以上前から、瞑想、マインドフルネスをしている
日本のマインドフルネスのパイオニアの一人です。

この本には書かれています。
「問題はマインドフルネスが続かないこと。」

「10秒間続けるだけのマインドフルネスの力がつけば、
次の10秒も保持することができるでしょう。

だから、まずは10秒間、自分の心を「今、ここに」に結びつけて
マインドフルネスを継続していただきたいのです。
この数行に著者の思いが集約されていますね。

「10秒でOK。それ以上必要はない」ではなく、
「まず10秒からはじめて、毎日続けて、習慣化しよう!」という
意味での『1日10秒マインドフルネス』。

また、「10秒マインドフルネス」と「5分マインドフルネス」では、
目的が違うと言いいます。

スポーツに例えると、
「10秒マインドフルネス」は、筋トレ、基礎体力作りであり、
「5分マインドフルネス」は、キャッチボールのような基本練習である、
と言います。

「10秒マインドフルネス」から入って、基礎体力を養って、
「5分マインドフルネス」ができるようになりましょう、ということです。

著者は、マインドフルネスの時間よりも、一日に何回、
マインドフルネスになれるのか。
まずは、回数を増やすことを目指そうといいます。
この本には、
12種類の「10秒マインドフルネス」が紹介されています。
いずれも、

電車に乗っている時。
歩いている時。
呼吸している時。
立っている時。
食事をしている時。

「10秒マインドフルネス」は、何をしていてもでき、
完全にスキマ時間でできる、というのが凄いところです。

「そんな、たった10秒で効果があるのか?」
と思う人もいるでしょうが、

藤井先生は、
「(時間ではなく)マインドフルな状態になる回数が多けれ多いほど、
 あなたを取り巻く、あらゆる状況から自由になれる。」

ということで、今までマインドフルネス本を読んでも、
マインドフルネスを続けられていないあなたでも、

『1日10秒マインドフルネス』を読めば、
マインドフルネスをスタートして、そして続けて、
習慣にしていけるのではないでしょうか。

マインドフルネスの効果をもう一度書いておきます。

#ストレスが発散される。
#集中力が高まる。
#仕事の効率が高まる。
#不注意なミスが減る
#扁桃体が縮小し、海馬が大きくなる
#免疫力が高まり、病気になりづらい。
#うつ病やその他のメンタル疾患の予防、治療効果

これらの効果を得たい人は、
迷わず、マインドフルネスをスタートすべきです!!

『1日10秒マインドフルネス』
(藤井英雄著、大和書房)