socialMedia

熟成させた肉はうまい。熟成させた「記事」はおもしろい!

img-0054-428

日本でも、熟成牛が流行っていますね。
アメリカでは昔からありましたが、日本では最近のことです。

牛肉を熟成させると、旨味系のアミノ酸が増えて、
おいしくなるのです。

肉は熟成させるとおいくしなる、ということは知られているわけですが、
Facebook、ブログ、メルマガなどに書く記事も、
「熟成」させた方がおもしろくなる。
というのは、あまり知られていないかもしれません。

FacebookやTwitterなどのSNSでは、
今、体験していること、体験したばかりのことを、
実況中継か、速報のように伝えるのがいい、
と思われています。

あるいは、ブログでは、
今日あった出来事を書く人が多いと思います。

私のFacebookをフォローしている人はわかると思いますが、
私のFacebookでは、実況中継や速報の投稿は、
非常に少ないです。

では、どうしているのかというと、
昨日あった出来事を記事にする、
ということです。

例えば、映画を見ても、
映画を見た直後に記事にしないで、
一晩、二晩寝かせてから記事にするのです。

これを私は、「記事の熟成」と呼びます。

映画を見た直後に投稿すると、
「すごい!」「おもしろい!」「感動した!」といった
感情言語だらけの投稿となります。

なぜならば、映画を見た直後ですから、
まだ感情が動いていて、
冷静に分析することができないからです。

映画を見た直後の投稿は、
感動をビビッドに伝えられますが、
深い記事は書けないのです。

そこで、一晩、二晩寝かせて、熟成します。

そうすると、「感情」が少し落ち着いてきて、
冷静に見返すことができます。
洞察も深くなって、筆致も鋭くなります。

これが、「記事の熟成」の効果です。

私も、たくさんのFacebookやブログ、メルマガを読んでいますが、
意識的に「記事の熟成」をしている人は少ないと思います。

今日あった出来事は、今日中に記事にしないと、鮮度落ちしてしまう。
そんな恐怖感に支配されているのでしょう。

まあ、ニュースの解説とかなら、
「鮮度落ち」しますが、
映画や本の感想などは、
「記事の熟成」をしたほうが、より深く、鋭い記事が書けるのです。

Facebookなどを見て、
あまりにも実況中継にとらわれている人が多いので、
今日の記事を書いてみました。

浅い記事をたくさん投稿するよりも、
深い記事を一つ投稿したほうが、
いろいろな意味で反響も大きく、読者にも好まれるものです。

「記事の熟成」。

Facebook、ブログ、メルマガをやっている人は、
是非、試してみてください。



↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)