socialMedia

自分の最も重要な仕事に集中する

a-young-athlete-flying-through-the-air-towards-the-basketball-hoop-for-a-lay-up-or-slam-dunk_Stfl9wDCSo

最近、「選択」と「集中」ということを強く意識します。
 
『読んだら忘れない読書術』が
13万部のベストセラーになって以降、
いろいろな仕事の依頼が来ていますが、
全部をお引き受けすることは不可能です。

自分で明確な基準を作って、
「引き受ける」「引き受けない」を
素早く決めていかなくてはいけません。

大切な問いかけは、
「自分にとって最も重要な仕事は何か?」
「自分は、一番何をしたいのか?」
ということです。

私の場合は、
「本を書いている瞬間が、最も幸せな時間」
です。

そして、本を通して、よりたくさんの人に、
自分のメッセージをお伝えしたい。

つまり、
「作家」として、
「本を書く」「良い本を書く」ということが、
自分にとって最も重要な仕事である、
と考えています。

YouTubeもメルマガも、私にとっては、
非常に重要な伝達手段です。

しかしながら、300ページの本と比べて、
3分のYouTube、1000文字のメルマガで伝えられることは、
限定されてしまいます。

本という「メイン」があって、
YouTubeやメルマガは「最強の補完ツール」として
生きてくるのです。

私の友人たちを見ると、
「とりあえずお金になる仕事」を受けすぎて、
「本当に自分がやりたい仕事」をする時間がなくなって、
苦労している人が少なくありません。

あなたにとって、「最も重要な仕事」は、何ですか?

そこを見据えた上で、
「選択」と「集中」をしていくが、
大切ではないかと思います。



↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)