書評/映画評

ノーラ・エフロンに捧ぐ  ~やっぱり『ペンタゴン・ペーパーズ』はおもしろい

ノーラ②

ベトナム戦争にからんだ国家的陰謀を
ワシントン・ポストが暴露する物語。

 

映画『ペンタゴン・ペーパーズ』。

 

映画評は先日、お伝えしたとおりです。
http://kabasawa3.com/blog/book-movie/pentagonpapers

ペンタゴンペーパーズ

 

さて、
『ペンタゴン・ペーパーズ』の一番最後に、
「ノーラ・エフロンに捧ぐ」というクレジットが出ます。

 

その瞬間、私の後に座っていた女性が、
連れの男性に「ノーラ・エフロンって誰?」と質問を投げました。

 

私はその質問に、猛烈に答えたい衝動に駆られましたが、
流石に割って入るわけにもいかないので、
私の「想い」を、ここにまとめておきましょう。

 

ノーラ・エフロンは、
『恋人たちの予感』『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』など
メグ・ライアン主演作で有名な女性の監督、脚本家。
3回アカデミー賞候補になったが、
結局受賞することなく2012年に亡くなっています。

 

『ユー・ガット・メール』といえば、
トム・ハンクスの初期の代表作の一つ。

 

そしてメリル・ストリープとは、『シルクウッド』『心みだれて』
『ジュリー&ジュリア』と3度タッグを組んでおり、
その内2回(『シルクウッド』と『ジュリー&ジュリア』)で
アカデミー主演女優賞にノミネートされています。

 

ノーラ・エフロンはメグ・ライアンを有名にした監督であり、
彼女ともに「恋愛映画」でハリウッドで一世風靡した監督。

 

にもかかわらず、結局のところノーラ・エフロンはアカデミー賞を
受賞できませんでした。

それどころか、監督賞でのノミネートもなし。

 

『ペンタゴン・ペーパーズ』では、男性社会である新聞業界を描いた話ですが、
それはそのままハリウッドに当てはまるのだ!

男性社会であるハリウッドに対する告発、
というのが、「ノーラ・エフロンに捧ぐ」に隠された意味でしょう。

 

アカデミー賞で女性が監督賞を受賞したのは、
2009年のキャスリン・ビグローが初であり、
本当にごく最近のことなのです。

 

ちなみにノーラ・エフロンは、ウォーターゲート事件の記者、
カール・バーンスタイン(ワシントン・ポスト記者)と
結婚していたこともあります。

 

『ペンタゴン・ペーパーズ』のラストシーンは、
ウォーターゲート事件の発端を描いている。
不思議なリンクというか、
ノーラ・エフロンとカール・バーンスタインを明らかに意識した
ラストシーンになっているのです。

 

ということで、「ノーラ・エフロンに捧ぐ」
というたった一行のクレジットですが、
物凄く「深いなあ」と思うのです。

 

なぜそんなに、私が「ノーラ・エフロンに詳しいのか?」って。
それは、私がメグ・ライアンのファンであり、
ノーラ・エフロン監督作品をこよなく愛しているから。

 

ちなみに、私の中でのノーラ・エフロンの最高傑作は、
彼女の遺作となった『ジュリー&ジュリア』です。

 

情報発信している人は、絶対に見るべき映画。

映画史に残る傑作です。

 

追伸
映画というのは、深く知れば知るほど、おもしろく見られる。
それが、顕著にわかる実例かと思います。


↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)