書評/映画評

天気の子 ~圧倒的にポジティブなテーマに勇気が湧いてきた

(以下、ストーリーを連想させる記述がありますので、
「ネタバレ」が嫌いな方は、映画を見てからお読みください。)

昨日は、13人の仲間と映画『天気の子』を鑑賞しました。

初日に鑑賞したので、
2度目の鑑賞でしたが、ボロカス泣きました。

自分から相手を承認して、相手からようやく承認される。

自分から決断し、行動しないと何も変わらないし、
何も手に入らない。

いや、むしろ大切なものすら失ってしまう。

周りのことなんか、気にしないで、もっと自分らしく突き進め!!
突き進んでいいんじゃないのか、
という新海監督からの応援歌。

 
そんな、超絶ポジティブなテーマに、
超絶共感したのです。

今までの新海作品の主人公は、
内気で奥手で、なかなか告白できない。
自分の気持ちをうまく伝えられない男子が多かった。

今回の主人公・穂高も、普通の15才で、
最初は奥手男子なのですが、
最後の最後、重要な場面で、どうするんだ???
と、クライマックスに突入します。

ストーリーは『君の名は』と比べるとかなりシンブルですが、
物語がシンプルなだけに、直接的に感情が揺さぶられます。

そして、映像のスケール感、そして音楽との一体感は、
『君の名は』を超えるものがあります。

あと、天気が晴れる。
「青空」というのが、こんなにも大切なことなのか・・・
ということを改めて実感します。

朝、青空の元を散歩するだけでセロトニンが活性化しますが、
この映画のように、雨が毎日、ふり続けると、
「うつ」が増えそうです。

みんなで鑑賞した後に、感想をシェアしましたが、
人によって感想が全く違うのもおもしろい。

私のようにポロカス泣いた人は少ないようですが(笑)、
それぞれ「感動」ポイントが違っていて、
全く「感動」できない人もいたり、と。

『天気の子』樺沢の評価は・・・★★★★☆ (4・8)

2019年のベストワン映画、候補の一つとなりました。
夏休み映画のイチオシです。
是非、御覧ください。

追伸
もし「予告編」見てない人がいたら、見ないで、
いきなり映画を見た方がいいかも。

「予告編」は、名場面使いすぎなので(笑)。

【全動画プレゼント】
あなたの悩みの95%は解決する。
YouTube「樺チャンネル」の全動画1500本のリストをプレゼント中。
今すぐダウンロードしてください。
https://canyon-ex.jp/fx2334/z6j0NW

↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)

コメントを残す

*

CAPTCHA