socialMedia

「アサドール・エチェバリ」で極上の時間 ~スペイン第4日目

■ 「エチェバリ」にて極上のランチ

今日は、今回のスペイン視察の目的のひとつでもある
世界のレストランランキング第3位の
「アサドール・エチェバリ」での食事です。

ガスなとは一切使わず、火力は全て「薪」だけで料理される。
その焼き加減が絶妙なのです。

今回、エチェバリは3度目となりますが、
今回が一番おいしかった!

ほとんどのレストランは、一番最初は「感動」や「驚き」があっても、
2度、3度訪れると、最初ほどの感動は得られないもの。

それが、昨年訪れたときよりも、
明らかにレベルアップしているのです。

今回は、スペシャリティの「エビ」がおいしいのは当然として、
「ウニ」「卵とトリュフ」「サルシッチャのタルタル」など
今まで食べたことのないお皿が何皿も出て、
またそれが想像を超えるおいしさ。

「世界で最もおいしいエビ料理」と評される、
エチェバリの「エビ」。

調理は、シンプル。

15~20センチほどの大きなエビを薪で炙っただけ。

味付けもなし。
盛り付けもなし。

しかし、それが圧倒的においしい。

火入れによって、甘さが強調され、食感もプリッとする。
しかし、それ以上、火が入ると堅くなるし、うまみも外に出てしまう。
その絶妙な加減が、職人芸である。

「ウニ」とか、生の方がおいしいと思うかもしれませんが、
ほんの少しだけ火が入ることで、ウニの甘さが強調されながら、
ウニのフレッシュ感はそのまま残るという絶品。

「卵とトリュフ」は、あぶった卵の「黄身」に、
トリュフのスライスが
のったシンプルな一品ですが、
卵から取り出した「黄身」だけを、どうやって炙るのか?
という「謎」の一品。

食べ終わった後に、厨房にて、
「黄身」を炙るために開発された調理器具を見せてもらい、
「そんな手があったか!」と腑に落ちるとともに、
「その一皿」のために、料理器具を開発してしまう
というマニアックぶりに感動するのです。

自己最高を更新し続けなければ、
誰もリピートしてくれなくなる。

自己最高を更新し続けることで、
より多くの人がリピートし続ける。

これが、エチェバリからの気付きです。

ちなみに、ランチのスタートは13時。
店を出たのは、17時20分

なんと、5時間を超えるランチ。
それが、あっという間でした。

■ サンセバスチャンでのバルめぐり

エチェバリから、サンセバスチャンに2~3時間かけて移動。

21時半から、サンセバスチャンでバル巡り。

ただ、「あれっ?」て感じ。

そもそも値段が高い。(去年よりも値上げしている)
そして、以前、訪れたように感動が全くない。

「エチェバリ」の後ということを差し引いても、
劣化がひどい。

観光地化されすぎてしまった、というか。

値段は、昨日のバル(田舎街のバル)の2倍以上。
味は、昨日のバルに明らかに負ける。

こりゃ、いかん。

>自己最高を更新し続けなければ、
>誰もリピートしてくれなくなる。

サンセバスチャンスは、非常に人気のある観光都市。

しかし、
人気が出ると、おごりが出る。

とても、残念なバル巡り。

もちろん、それなりにおいしい、楽しいことは間違いないのですが、
コスパが悪すぎる。満足度も、2割減です。

【全動画プレゼント】
あなたの悩みの95%は解決する。
YouTube「樺チャンネル」の全動画1500本のリストをプレゼント中。
今すぐダウンロードしてください。
https://canyon-ex.jp/fx2334/z6j0NW

↓ 【樺沢紫苑公式メルマガ】の登録はこちらから(※メールアドレスを入力)

コメントを残す

*

CAPTCHA